• 企業情報
  • トーモクのモノづくり
  • CSR・環境
  • IR情報
  • グループ事業
  • 採用情報

トップページ > 企業情報 > 沿革

沿革

昭和15年12月 北海製函乾燥株式会社として創業
昭和24年5月 東洋木材企業株式会社に商号変更、缶詰用外装木箱製造販売の事業開始
昭和31年1月 小樽紙器工場開設 段ボール箱製造販売を開始
昭和34年5月 横浜工場開設
昭和36年8月 札幌工場開設 小樽紙器工場閉鎖
昭和37年2月 大阪工場開設
昭和38年8月 本社業務を東京に移転
昭和40年3月 小牧工場開設
昭和43年5月 新潟工場開設
昭和43年7月 山形工場開設
昭和45年11月 九州工場開設
昭和46年1月 商号を株式会社トーモクと改称
  岩槻工場及び中央研究所開設
昭和49年4月 株式上場(東京証券取引所第二部、札幌証券取引所)
昭和49年8月 仙台工場開設
昭和54年9月 浜松工場開設
昭和56年2月 東京証券取引所の市場第一部銘柄に指定
  館林工場開設
昭和56年4月 清水工場開設
昭和59年2月 スウェーデンハウス株式会社(連結子会社)を設立
昭和60年9月 青森段ボール合併、青森工場開設
昭和61年2月 北洋交易株式会社(連結子会社)の株式を追加取得し子会社化
昭和61年9月 プレプリント工場稼働
昭和62年11月 本店を東京に移転、決算期を3月に変更
平成2年10月 米国ロサンゼルスにサウスランドボックスカンパニー(連結子会社)を設立
平成3年5月 スウェーデンにトーモクヒュースAB(連結子会社)を設立
平成7年2月 札幌工場移転
平成7年4月 東洋運輸倉庫株式会社、東洋運輸株式会社岩槻、東洋運輸株式会社横浜、基山運輸株式会社が合併し、トーウンサービス株式会社(連結子会社)と商号変更
平成10年4月 株式会社協進社より紙器事業を譲り受け、千葉紙器工場を開設
平成12年5月 仙台紙器工業株式会社(連結子会社)の株式を追加取得し子会社化
平成15年1月 日榮紙工株式会社に資本参加
平成16年3月 日清紙工株式会社(連結子会社、現(株)トーシンパッケージ)を買収
平成18年1月 横浜工場閉鎖、厚木工場開設
  株式会社太田ダンボールを設立
平成18年2月 北洋交易株式会社の商事事業・保険代理店事業を株式会社ホクヨーに事業譲渡
平成18年3月 北洋交易株式会社をスウェーデンハウス株式会社の子会社化
平成21年1月 スウェーデンハウス株式会社と北洋交易株式会社の間で事業再編
(スウェーデンヒルズ事業をスウェーデンハウス株式会社に吸収合併)
平成21年2月 グリーンヒルカントリークラブをスウェーデンヒルズゴルフ倶楽部に改称
平成21年4月 館林工場第三加工場増設
平成23年3月 東日本大震災により仙台工場と仙台紙器工業株式会社が被災
  館林工場のコルゲータを当社独自技術による世界最速マシンに入替
平成23年4月 新潟工場に新たに加工場を建設
平成23年9月 スウェーデンハウスサービス株式会社(スウェーデンハウス株式会社の完全子会社、現スウェーデンハウスリフォーム(株))とヤマゼントラフィック株式会社(トーウンサービス株式会社の完全子会社、現 トーウントラフィック株式会社)を連結子会社化
平成24年3月 大一コンテナー株式会社(連結子会社)を買収
平成24年12月 プライムトラス株式会社(連結子会社)の株式を追加取得し子会社化
平成25年3月 スウェーデンハウス株式会社を完全子会社化
平成25年4月 ベトナムにトーモク・ベトナムを設立
平成27年3月 神戸工場開設
平成27年10月 トーウンロジテム株式会社設立
平成28年3月 長野工場開設
平成28年4月 トーウンロジテム株式会社を連結子会社化
平成28年8月 トーウンサービス株式会社を完全子会社化
平成29年4月 トーモクベトナム連結子会社化