• 企業情報
  • トーモクのモノづくり
  • CSR・環境
  • IR情報
  • グループ事業
  • 採用情報

トップページ > CSR・環境 > 段ボールは環境の優等生

段ボールは環境の優等生

段ボールはクリーンで持続可能な包装資材

再生可能な資源

木を育てて、使って、また育てることにより森は再生を繰り返します。板紙の原料となる木材(パルプ)は、適切に管理されている森の資源のみ利用しています。

有効に活用

段ボールは、間伐された木、細い木や曲がった木、板や柱を取った残りの木、家などに一度使われた古い木などの貴重な森林資源を上手に利用して、木材をムダにしないよう、有効に活用しています。

カーボンニュートラル

段ボールの原料になる木材は、光合成によってCO2を吸収することで成長します。段ボールは、たとえもやされたとしても、大気中のCO2を増加させないクリーンな包装資材です。

植物などのバイオマスを燃焼することにより発生するCO2は、植物の成長過程で光合成により大気中から吸収したCO2であることから、バイオマスは、ライフサイクル全体でみると大気中のCO2を増加させないと考えられる。このように、CO2の増減に影響を与えない性質のことを「カーボンニュートラル」と呼ぶ。

自然に還る

段ボールは100%再生可能な天然素材。使い終わった段ボールはリサイクルされていますが、万が一、リサイクルされずに放置された場合でも、最後は土に還ります。

段ボールはリサイクルの優等生

高いリサイクル率と古紙利用率

段ボールはそのリサイクル率の高さから、リサイクルの優等生と呼ばれています。市場で利用された段ボールの95%以上が回収されています。そして、回収された段ボールは、また紙の原料となり、新しい段ボールへと生まれ変わります。新しい段ボールの原料は、段ボール古紙が90%以上。段ボールは最もリサイクルシステムが確立されている資源の一つです。

段ボールの回収率=[A]段ボール古紙実質回収量/([B]段ボール原紙消費量+[C]輸出入商品用
[A]は回収された段ボール古紙に含まれる他銘柄品・異物及び段ボールに付着した糊の重量を除いて計算したもの

2015年に回収率の計算方法を変更。(過去の実績も新しい計算方法による数値)

段ボールのリサイクルフロー

リサイクル工程の環境負荷が低い

紙である段ボールは、水に混ぜるだけでカンタンに繊維状に戻り、また紙の原料となります。リサイクル工程の環境負荷が低い優れた包装資材です。

段ボールのリサイクルマーク表示促進

リデュースの推進

(業界平均の数値は全国段ボール工業組合連合会公表による)

平均坪量…1平米あたりに使用している段ボール原紙の量